ニュース
2017年01月10日 16時22分 UPDATE

米Yahoo!が社名変更 Yahoo!JAPANはどうなる?

米Yahoo!が企業名を「Altaba」に変更することが分かった。日本のヤフーやYahoo!JAPANブランドはどうなるのか。

[岡田有花,ITmedia]

 経営再建中の米Yahoo!が、企業名を「Altaba」に変更することが分かった。日本のYahoo!JAPANのブランドやヤフーの社名はどうなるのか。ヤフー広報部に聞いた。

画像 日本のヤフーの主要株主
画像 米Yahoo!と日本のヤフーのライセンス契約の概要(ヤフーの決算短信より)

 日本のヤフーは、米Yahoo!とソフトバンクの合弁会社として1996年に設立。現在の筆頭株主はソフトバンクグループ(発行済み株式の36.4%を保有)で、第2位の株主が米Yahoo!(35.6%を保有)だ。

 米Yahoo!は、メールなど主要事業をVerizonに売却後、社名をAltabaに変更し、ヤフー日本法人株と中国Alibaba株(発行済み株式の約15%)を保有するという投資企業になるという。VerizonはYahoo!のブランドを残す見込みだ。

 日本のヤフー広報部によると、日本でのYahoo!のブランドは米Yahoo!からライセンスを受けて利用しており、契約の終了には双方の同意が必要という。米Yahoo!が一方的に契約解除することはできず、「当社が一方的に不利益をこうむる形にはならない」と説明。現時点でYahoo!JAPANのブランドに影響はないという。

 ただ、米Yahoo!が主要事業を売却した後も、日本のヤフーがYahoo!ブランドを維持するとなると、Verizon傘下のYahoo!ブランドのサービスと、日本のYahoo!が並立し、同じブランドを別資本が運営することになる。

 今後のYahoo!ブランドのあり方について、米国側と協議を行っているかなどについて、ヤフー広報部は「現時点ではコメントできない」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -