ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年01月20日 15時56分 UPDATE

高速SAの公衆Wi-Fi刷新 NEXCO3社のアカウント共通化、利用制限撤廃

高速道路のサービスエリアの公衆無線LANサービスが3月1日から順次刷新。3社のアカウントを共通化するほか、利用制限を撤廃する。

[ITmedia]

 東日本・中日本・西日本高速道路の3社(NEXCO3社)はソフトバンクと連携し、サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の施設内で提供している公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを3月1日から順次刷新する。3社のアカウントを共通化するほか、利用制限を撤廃する。

 従来は3社別々のアカウントを取得する必要があったが、1回の登録で3社とも利用可能に。登録手続きはメールに加え、専用電話番号に電話をかけ、パスワードを取得する電話認証に対応した。新サービス移行後は、従来のアカウントは利用できなくなる。

 1回あたり15分・1日3回までだった利用制限は撤廃。対応言語は日本語、英語に加え、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)もそろえた。

 訪日外国人のユーザーは、ソフトバンクが提供する訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス「FREE Wi-Fi PASSPORT」も継続利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.