ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年01月20日 22時11分 UPDATE

アパホテルの予約サイト、サーバ停止続く 「サイバー攻撃と思われる異常なアクセス」で復旧できず

アパホテルの予約サイトに「サイバー攻撃と思われる異常なアクセス」が集中し、サーバを復旧できない状態が5日間続いている。

[ITmedia]

 ホテルチェーン・アパホテルの予約サイトに1月16日夜からアクセスが殺到してサーバがダウンし、20日午後10時現在も復旧できない状態が続いている。アパホテルを運営するアパグループによると、「サイバー攻撃と思われる異常なアクセスが継続している状態」という。

画像 20日午後10時現在、アパホテルの予約サイトにアクセスすると「現在サーバ停止のため復旧作業を行っております」と表示される

 異常なアクセスが始まったのは16日の午後10時ごろ。攻撃元の国などは「特定させることは困難」としている。宿泊予約は現在、電話やメール、旅行代理店の宿泊予約サイトで受け付けている。

 アパホテルをめぐっては、「南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が全客室に置かれている」と告発する動画が15日、中国SNSの「微博」に投稿され、2日で7700万再生を超えるなど“炎上”状態に。中国外務省の報道官が17日、アパホテルを批判したとも伝えられている

 また、2月19日から札幌市などで開かれる「冬季アジア札幌大会」の組織委員会が、選手団の宿泊先になっているアパグループのホテルについて、選手が快適に過ごせるよう本の撤去など配慮を申し入れたとの報道もある。

 これについて同社は、「中国からの批判の以前から、代理店を通じて口頭で、客室内の情報物をすべて撤去することを要望されている旨を伺っていた」という。書籍を撤去する可能性については「書面での要請があった段階で個別に対応する」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.