ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月30日 16時55分 UPDATE

サイバー子会社、ロボット事業部を設立 ソフトバンクと協業

サイバーエージェント子会社「AIメッセンジャー」がロボットサービス事業部を設立。ソフトバンクと協業し、企業向けにPepperや連携サービスを提供するという。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは1月30日、同社子会社で人工知能(AI)を活用したチャットbot事業を手掛けるAIメッセンジャーが、ロボットサービス事業部を設立したと発表した。

photo

 事業部の設立に合わせ、ソフトバンクの法人向けロボット「Pepper for Biz」の協業代理店契約を締結。企業向けにPepperを販売したり、Pepperを活用したソリューションサービスを提供したりするという。AIメッセンジャーがすでに提供しているチャットbotなどと連携し、「人とロボットのコミュニケーション分野で、新しい価値を提供する」(同社)としている。

 今後は、Pepperに限らず他のコミュニケーションロボットの取り扱いも進めるほか、サイバーエージェントのAI研究機関「AI Lab」の知見や、産学共同研究を生かしたサービスを展開する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.