ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年02月02日 15時14分 UPDATE

ねっと部:返礼品「アイマス」ポスターに人気殺到 徳島市のふるさと納税額、1日当たりで“過去最高”を記録

徳島市がふるさと納税の返礼品に「アイドルマスター」とコラボしたポスターを追加。初日から1日当たりの寄付金が過去最高額となるほど、人気が殺到している。

[ITmedia]

 徳島市が1月27日、ふるさと納税の返礼品にアニメ「アイドルマスター」などとコラボレーションした「阿波おどりポスター」を追加したところ、同日だけで約577万円の寄付金が集まった。1日当たりでは過去最高額という。同市の担当者は「ここまで反響があるとは予想外」と話す。

photo ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」より

 人気が殺到しているのは、アニメ「アイドルマスター」「おへんろ。」などとコラボしたポスター。3月6日までの期間限定で追加した。ポスターは、毎年夏に開催される「徳島市阿波おどり」をPRする目的で、同市内にスタジオがあるアニメ制作会社ユーフォーテーブルが2009年から毎年制作しているものだ。

 寄付額に応じ、16年のポスター2種を贈る1万円のコース、ポスターに加えアニメ声優の生写真などが付属する5万円コース、さらに過去8年分のポスターをセットにした10万円コースを用意している。

photo 16年版のポスターは「アイドルマスター」「おへんろ。」とコラボ。声優の中村繪里子さん、山下七海さん、江原祐理さん、高野麻里佳さんが、それぞれ声を演じたキャラと共演している

 徳島市によれば、追加した初日だけで約577万円、約81件の申し込みがあり、その後2月1日までの6日間で約950万円、133件に達した。申し込みの7割弱が10万円コースという。同市企画制作課 星野祥央さんは「とんでもない件数。初日の寄付額は、1日当たりで過去最高の記録」と話す。「ポスターが非売品で人気があることは把握していたが、ここまで反響があるとは予想外だった」(星野さん)。

 今後は、ユーフォーテーブルなどと調整し、ポスターの数量を増やすなどの対応も検討するとしている。

ねっと部

ハードでソフトなITニュースの合間にネット上の面白いモノ・コトをお伝えする部活動。正式には「ITmedia学園ニュース科インターネット部」、略して「ねっと部」(たぶん)。部長はめがね(予定)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.