ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年06月22日 12時19分 公開

ふるさと納税「したことある」は12.7% 「手続きが面倒」「仕組みが分からない」の声目立つ

ふるさと納税の認知率は97%だが、そのうち実際に納税した人は12.7%――マーケティングリサーチ会社のマーシュが調査結果を発表した。

[ITmedia]

 ふるさと納税の認知率は97%だが、そのうち実際に納税した人は12.7%――マーケティングリサーチ会社のマーシュがそんな調査結果を発表した。

 ふるさと納税の認知を調査したところ、「内容まで詳しく知っている」(21%)、「おおまかな内容を知っている」(53%)、「名前は知っているが、内容は知らない」(23%)で全体の97%を占めた。

 「名前も内容も知らない」と答えた人を除いた800人のうち、ふるさと納税をしたことがある人は12.7%にとどまった。ふるさと納税をしたことがない人のうち、「興味がある」と答えた人は57.0%だった。

photo ふるさと納税をしたことがある人は12.7%
photo 「興味がある」と答えた人は57.0%

 納税平均額は4万6803円。1万〜1万9999円が23.5%と最も多いが、10万円以上の高額納税も11.8%を占めている。年代別で見ると、50代が最も平均値が高く、6万4105円だった。

 ふるさと納税をしない理由としては「手続きが面倒だから」(47.0%)が最も多く、「仕組みがよく分からないから」(44.6%)、「特に支援したい地域がないから」(17.3%)が続いた。

 調査は、同社のWebサイト「D STYLE WEB」のモニター会員を対象に、2016年5月11日に行った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.