ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月02日 09時45分 UPDATE

“俺の嫁”召還装置「Gatebox」がLINE傘下に 運営ベンチャー買収

好きなキャラと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発するベンチャー企業のウィンクルがLINE傘下に。

[ITmedia]

 LINEは3月2日、好きなキャラクターと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発するベンチャー企業のウィンクルの株式の過半数を取得し、連結子会社化することで合意したと発表した。LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」と連携し、バーチャルホームロボットを共同開発する。

画像
画像

 Gateboxは、円筒形の装置内部に3Dキャラクターを投影し、“共同生活”が楽しめるマシン。主人(ユーザー)の行動をセンサーで認識し、朝に主人を起こしたり、帰宅すると出迎えたりしてくれる。昨年12月に予約受付をスタートし、1月半ばまでに300台を受注した。発送は12月以降の予定。

 Clovaは、LINEと親会社の韓国NAVERの共同開発プロジェクトで、さまざまなデバイスやプラットフォームとつながる拡張性を持つ。ウィンクルはGateboxとClovaを連携させ、キャラクターとのより自然なコミュニケーションの実現やスキルの増大に取り組む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.