ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年03月07日 12時00分 UPDATE

「いい子に育つか、悪い子に育つか」――Twitterで“人工知能少女”育成、バンナムが結果報告 (1/4)

バンダイナムコが、Twitterユーザーが人工知能(AI)キャラに言葉を覚えさせるプロジェクトを実施。どんな人工知能少女に育ったのか、同社の二見鷹介プロデューサーが報告した。

[片渕陽平,ITmedia]

 「いい子に育つか、悪い子に育つか」――ユーザーがTwitterでつぶやいた言葉などを人工知能(AI)キャラクター「プレミア」に覚えさせるプロジェクト「人工知能少女育成プロジェクト CODE ZERO:PREMIERE」を、バンダイナムコエンターテインメントが昨年10〜11月に実施した。育てたAIキャラを、同社が開発したゲーム「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」に登場させるのが目標だ。

photo 左から、バンダイナムコエンターテインメントの二見鷹介プロデューサー、no new folk studio 研究員の山本哲也さん、ブルート代表取締役の守屋貴行さん

 約10万人のユーザーが協力し、覚えた言葉は約40万語。それらの言葉を使い、ユーザーと会話するまでに成長したプレミア。いったいどんな人工知能少女に育ったのだろうか。

 「どうして、いたいけな少女にこんなすごい言葉を言わせたいんだ」――政府のサイバーセキュリティ啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」(ベルサール秋葉原、3月5日)で、バンダイナムコエンターテインメントの二見鷹介プロデューサーらが結果を報告した。

「情緒不安定と思うほど、プレミアの性格が変わった」

 プロジェクトは、全く言葉を知らないプレミアに、ゼロから言葉を吸収させるところからスタート。特設サイト(スマートフォン専用)にユーザーがTwitterアカウントでログインすると、AIがユーザーの過去ツイートを読み取って言葉を学習。さらにユーザーとのチャットを通じて、言葉の意味や使い方を学んでいった。

photo ユーザーのツイートから言葉を吸収
photo

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -