ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年03月22日 10時00分 UPDATE

羽田空港でロボットレンタルサービス開始 シャープ「ロボホン」、24時間1500円から

日本語・英語・中国語に対応したそれぞれのロボホンを貸し出す。

[太田智美,ITmedia]

 京浜急行電鉄とシャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズは3月22日、訪日外国人向けに多言語観光ガイドを行うロボットレンタルサービスを、東京国際空港(羽田空港)で4月25日に始めると発表した。

 日本語・英語・中国語それぞれの言語に対応したロボット「ロボホン」を、グローバルWiFi羽田空港店カウンターでレンタルできるサービスだ。現在地情報に合わせておすすめスポットをロボットが紹介してくれるほか、ロボホンの機能である写真撮影やプロジェクター投影、ダンスや歌などをそれぞれの言語で行ってくれる。



 料金は24時間(1泊2日可)で1500円(税別、以下同)、48時間(2泊3日可)で3000円、72時間(3泊4日可)で4000円(以降12時間ごとに500円加算、Wi-Fiルーターレンタル料金が別途かかる)。

 レンタル受け付け時間は午前6時30分から午後11時45分まで。返却は羽田空港のほか、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港のグローバルWiFi店舗カウンターでも可能。


ロボホン

ロボホン

ロボホン グローバルWiFi羽田空港店カウンター

ロボホン


 グローバルWiFi羽田空港店カウンターでは、レンタルだけでなくロボホンのプラモデル「プラRoBoHoN」(2800円)やオリジナルロボホンウェア、卓上フォルダなどのグッズも購入できる。また、日本人観光客であれば、レンタル後そのままロボホン本体を購入することも可能だ。

 「ロボットは決して便利さを追求するものではない。このレンタル用のロボホンには、観光中さまざまな提案をするアプリケーションを導入した。その“おもてなし”が、ときには遠回りになってしまうこともあるかもしれないけれど、ロボットだからこそできることをしたい」(フューブライト・コミュニケーションズ 居山俊治社長)

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.