ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年03月23日 17時01分 UPDATE

“空飛ぶ自撮りカメラ”登場 小型ドローンで上空から撮影

20メートルまで垂直飛行できる小型ドローンで、空中から“自撮り”できる。

[ITmedia]

 “空飛ぶ自撮りカメラ”が登場した。英ベンチャー企業のAirSelfie Holdingsが開発した「AirSelfie」だ。最大20メートルまで垂直飛行できるカメラ付き小型ドローンで、空中から“自撮り”できる。価格は3万1598円(税込み)から。5月に出荷をスタートする。

画像
画像

 67.4×94.5×10.0ミリ、重さ61グラムと、スマートフォンより小さいサイズのドローンで、4つのプロペラと500万画素のビデオカメラを搭載した。スマートフォンとWi-Fi接続し、専用アプリで操作する。

 本体とスマートフォン(iPhone 6/6s/7、Samsung Galaxy S7 edge対応)をセットで収納できる専用ケースが付属。ケースから取り出し電源をオンにするとスマホと自動接続して離陸準備する。

 260mAhのバッテリーを内蔵し、約3分間の飛行が可能だ。離陸ポイントに自動で戻る機能も備えた。着陸時は着陸ボタンを押すだけで降下し、電源が自動でオフになる。

 4GBのmicroSDカードを内蔵。撮影した写真をアプリを通じて簡単にSNSに投稿できる。

 上空からグループ写真や家族写真を撮影したり、スポーツイベントなどを空撮したり、監視カメラとして使ったり、企業のイベント現場を撮影するなど業務利用も想定している。

 AirSelfieを収納・充電できるスマートフォンケースとセットで3万1598円。複数回充電できる「パワーバンク」も付くセットは3万2818円、パワーバンク単体は1万4円。

 クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募集し、72時間で目標金額に到達したという。

 国内では、ドローンの飛行を規制する改正航空法が施行されているが、対象は200グラム以上の無人航空機。AirSelfieは61グラムのため、同法の対象外になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.