ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年03月26日 07時31分 UPDATE

"トイレ文化の障壁打破"目指し:TOTO USA、お試し可能ショールームをサンフランシスコにオープン

日本では当たり前の「ウォシュレット」や「ネオレスト」を世界に知ってもらうため、TOTO USAがカリフォルニア州サンフランシスコに4つの最先端トイレを“試運転”できるショールーム兼イベントスペース「Concept 190」をオープンした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 日本の住宅総合メーカーTOTOのグループ会社、TOTO USAは3月24日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコに「ウォシュレット」や最先端のトイレ技術を実際に試せるショールーム兼イベントスペース「Concept 190」を開設したと発表した。


 TOTOは、この“ウォシュレットスタジオ”は「トイレ文化の障壁を打ち砕き、人々の暮らしをより清潔に、健康に、簡単に、美しくする」ために開設したという。日本では既に当たり前になっているウォシュレットや温かい便座(ウォームレット)、自動で開閉する「ネオレスト」などを世界に紹介する窓口になる。

 toto 1

 スペースには実際に“試運転”できるトイレが4つ設置されている。これらのトイレの個室では最先端の設備を試せるだけでなく、試運転中はプロジェクションマッピングで宇宙旅行などの映像が楽しめる。

 toto 2 Concept 190

 このスペースでは毎週様々なイベントを開催していく。まずは「リアル脱出ゲーム」のSCRAPとのコラボレーションによるプロジェクトマッピングを使ったゲームイベント「Spellbound Supper」が24日からスタートした。今後「トイレからの脱出」ゲームなども開催される見込みだ。

 toto 3

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.