ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年03月27日 06時02分 UPDATE

「LINEで欠勤・遅刻の連絡はNG」――78%が悪印象 マクロミルが調査

「込み入った話を直接ではなく、メールで相談」の是非については、約71%が「なし」と回答。

[ITmedia]

 「欠勤や遅刻をメッセンジャーアプリ『LINE』で連絡はNG」と感じる人が約78%――調査会社のマクロミルがこのほど、そんな調査結果を発表した。

photo 写真はイメージです

 調査は、同社が20〜69歳の公務員、 経営者・役員、 会社員(正社員)の1000人を対象に、2017年3月8〜9日にネット上で実施した。「欠勤や遅刻をLINEで連絡すること」の是非を聞いたところ、約78%が「なし」と回答。「込み入った話を直接ではなく、メールで相談する」ことには約71%が「なし」と答え、ネガティブに捉えていることが分かったという。

 一方「時計代わりにスマートフォンで時間をチェック」することについては、約71%が「あり」と回答した。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.