ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月28日 17時41分 UPDATE

中央線快速へのグリーン車導入、延期 2020年度から「数年程度」遅れる

他の工事との調整などに「想定以上の時間を要すると判明した」という。

[ITmedia]

 JR東日本は3月28日、2020年度をめどに進めていた中央線快速(東京駅〜大月駅間)へのグリーン車導入計画を、数年程度延期すると発表した。同時に進めている駅のバリアフリー化などとの兼ね合いから、工事計画を見直すという。

photo E233系(左)とグリーン車のイメージ(右)

 計画は、E233系通勤形電車の東京寄りから4・5両目に、2階建てのグリーン車を連結し、合計12両とするもの。実現に向け、導入区間の全44駅のホーム延長工事を進めるなどしていた。

photo 導入区間
photo 東京寄りから4・5両目にグリーン車を連結

 しかし、御茶ノ水駅のバリアフリー化など工事時期が重なる施策との調整や、関係箇所との協議に「想定以上の時間を要すると判明した」といい、工事計画の見直しが必要になるという。サービス開始の詳しい時期は、改めて伝えるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.