ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月29日 21時28分 UPDATE

東芝、最終赤字は1兆100億円に拡大 米原発子会社が破産申請

東芝の16年度通期の最終赤字は1兆100億円に拡大。17年3月末時点で6200億円の債務超過に陥る可能性も。

[ITmedia]

 東芝は3月29日、原発事業子会社の米Westinghouse Electric Company(WEC)と英Toshiba Nuclear Energy Holdings(TNEH)について、日本の民事再生法に相当する米国連邦倒産法第11章の適用を、ニューヨーク州連邦破産裁判所に申請したと発表した。WECとTNEHの負債総額は約98億1100万ドル(約1兆900億円)。これにより、東芝の16年度通期の最終赤字は1兆100億円に拡大する見通し。

photo

 連邦破産法11章の適用後も、WECグループは事業を継続する予定だが、16年度通期決算から東芝の連結対象から外れる。このため東芝は、損失が拡大する原発事業リスクを遮断できるとしている。

 東芝は2月14日時点では最終赤字が3900億円となる見通しを発表していた。しかし、WECグループへの債権に対する貸倒引当金の計上など、新たな損失が発生するため、最終赤字は1兆100億円に拡大する可能性がある。さらに17年3月末時点で6200億円の債務超過に陥る見通しで、その場合は東証1部から2部へ降格となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.