ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年04月06日 12時04分 UPDATE

ラピュタ「ロボット兵」フル可動モデル登場 「四つん這い」も可能

全身の57カ所以上が稼働する。

[ITmedia]

 「天空の城ラピュタ」に登場する古代兵器「ロボット兵」のフル可動モデル「ロボット兵(Full Action Ver.)」(税込7560円)が「プレミアムバンダイ」に登場した。4月6日午後1時から予約を受け付け、10月に届ける。

画像

 ジブリ作品に登場するメカを精巧な立体モデルで再現する「構想ガレリア」シリーズ第3弾。

 全身の57カ所以上が稼働。腕と脚は腕時計の金属ベルトを参考にした機構を採用し、四つん這いや格納ポーズなど「ロボット兵」の特徴的なポーズを再現できる。差し替え用腕パーツを使って飛行ポーズもとれ、「劇中のあらゆるシーンを再現できる」という。

 外装は鋼鉄で覆われた甲冑のような硬質な素材感とマットな質感を再現した。頭部のレンズ部分には、後部から光を取り入れ発光して見えるような構造を採用。胸部にはラピュタのエンブレムも配置した。サイズは約118(高さ)×85(幅)ミリ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

 プレゼントキャンペーン「木の根がこんなところまで……!」も実施する。特設ページ内の木の根を掻き分けて応募ボタン(巨大飛行石)を押すと応募でき、構想ガレリアシリーズの「ロボット兵」(青色発光Ver.)か「フラップター」が抽選で当たる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.