ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年04月24日 08時00分 UPDATE

世界最大の「mstdn.jp」を立ち上げた大学院生“ぬるかるさん”は一体何者か その素顔とドワンゴ入社が決まるまでの10日間に迫る (5/7)

[山口恵祐,ITmedia]

──mstdn.jpを自宅で運営していた話に戻りますが、さくらのクラウドへ移行するとき、これまで作られたアカウントやデータ全てが削除されてしまう問題がありました。多くのユーザーが「全削除でいいと思います」と背中を押していたのが印象的でしたね。

→・日本最大の「マストドン」サーバがクラウド移転へ 「データ消えるかも」

→・「mstdn.jp」サーバ移転完了 データは全消去、再度ユーザー登録を

ぬるかる ユーザーから何か言われるかなと思いましたが、「消していいよ」という人が多かったので遠慮無くやりました。といってもまだデータは残ってるんですけどね。

 なぜ削除する必要があったかというと、さくらインターネットに用意されているAmazon S3(Amazon Simple Storage Service)互換のストレージサーバに画像をセットで移したかったのですが、ドメインを切ってしまうのでURLが変わってしまう。

 中央集権的なサービスならスクリプトを書いて置き換えちゃえばいいですが、外にプッシュされてるデータって書き換えができなくて不整合が起きるので、これはちょっと厳しいなぁと。


──その騒動で、ITmedia NEWSのアカウントが新mstdn.jpで先に取られてしまいました(笑)。

ぬるかる こぞって有名なアカウントを“サイバースクワッティング”する人がいますね。日本マイクロソフトのちょまどさんとかも。friends.nicoでは、公開前に有名どころのアカウントは前もって取る対策をしていたようです。

 (サイバースクワッティング:後で売買するために、あらかじめ有名なドメイン名を取得しておくこと)

 ドワンゴのfriends.nicoは、niconicoアカウントと連携できるのでニコニコで活動している人は本人だと証明しやすいです。ドワンゴでどのような改造をしているかという話を聞いたときにすごいなと思いました。mstdn.jpで本人を証明しようとすると、自分のページからマストドンのURLを貼るぐらいしかできないので。

──マストドンにはセキュリティリスクの存在や、アカウントの削除機能などがないといった声もありますが、何か対応策は考えていますか?

ぬるかる アカウント削除に関しては、マストドン本体でも議論が起きてるみたいですね。「アカウントを消したとしても、他のインスタンスにデータが残ってしまうので完全には消せない」「消したとしても同じIDを違う人が取ったら乗っ取れてしまう」といった問題が議論されています。

 あまり自分も追えていないので、はっきりとしたことはいえませんが、もしかしたら今後、(アカウントの削除機能が)実装されるかもしれません。

──マストドン本体のコードへのコミットはしていますか? 大規模インスタンスの管理者としては「この機能があれば」というのは多かったかと思いますが。

ぬるかる マストドン本体へのコミットはいまのところないのですが、もう少し余裕が出てきたらやりたいなとは思っています。マストドンはインスタンス運営側の管理機能が不完全だったりするので、大規模なインスタンス運用上の問題点になってくる。法的にやばい投稿を検索で引っ張ってこられたりするようなものが必要です。現状は通報されたものを処理する状態なので。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.