ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年04月26日 13時23分 UPDATE

メルカリ、「パチンコの特殊景品」も削除対象に 現金、Suicaに続き

現金、高額チャージ済みICカードに続き、「パチンコの特殊景品」の出品も禁止に。

[ITmedia]

 メルカリは4月26日、フリマアプリ「メルカリ」で、「パチンコの特殊景品」の出品を禁止した。同日から、出品を見つけ次第削除している。「マネーロンダリングにつながるおそれがあるため」としている。


画像 特殊景品の出品例(現在は削除済み)
画像 26日朝時点での「特殊景品」の検索結果。午後1時までにパチンコの特殊景品の出品はすべて削除された

 パチンコの特殊景品とは、パチンコの出玉と交換できる景品の一つで、プラスチックケースに金のチップが入ったものが多い。パチンコ店のそばにある景品交換所で現金に交換できるため、実質的には出玉の換金手段として使われている。

 メルカリ広報グループによると、特殊景品の出品数は「かなり少ない」が、「現金やチャージ済みSuicaの出品禁止がニュースになり、話題が広がる中で、特殊景品の出品が増える可能性もある」と判断し、削除対象に加えたという。

 メルカリでは、1万円札を額面以上の金額で販売する出品が多数あると話題になり、4月22日に現行紙幣の出品を禁止。その後、チャージ済みSuicaが額面以上で販売される出品が相次ぎ、高額チャージ済みの交通系ICカードの出品も禁止した。

 これらの商品の購入者は、購入額をクレジットカードや携帯電話のキャリア決済で支払うことで、カード枠やキャリア決済枠の現金化を図っていたとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.