ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年05月12日 12時13分 UPDATE

Microsoftの「Cloud-powered Clipboard」で端末/アプリ横断コピペが可能に

「Microsoft Graph」では、iOS/Andrdoid端末を含むPCやスマートフォンでファイルやアクティビティを共有でき、例えばPCのPowerPointでコピーしたテキストをAndroid端末の検索枠にペーストすることもできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月11日(現地時間)、米ワシントン州シアトルで開催の年次開発者会議「Build 2017」で、今秋の「Windows 10」の9月のアップデート「Fall Creators Update」で追加予定の「Microsoft Graph」の新機能、「OneDrive Files On-Demand」「Timeline」「Cloud-powered Clipboard」を発表した。

 Microsoft Graphは、iOSとAndroidを含むユーザーが使うすべての端末を“グラフ”内でシームレスに繋げる取り組みだ。

OneDrive Files On-Demand

 「OneDrive Files On-Demand」により、OneDriveをインストールしてあるPC、タブレット、スマートフォン(Windows/iOS/Android)で意識的に同期しなくてもファイルをシームレスに共有できる。

 すべてのファイルが「ファイルエクスプローラー」に表示され、オンライン状態であればどこにあるファイルかを意識せずに選択することで(OneDrive上にある場合はファイルをダウンロードして)開き、編集・保存できる。

 ファイルエクスプローラーに新たに「Status」という項目が追加され、ここでファイルの状態(クラウド上にあるのか、端末内にあるのかなど)を確認できる。

 file 1 新しいファイルエクスプローラー

 公式ブログによると、Files On-Demand機能は「個人用と仕事用のOneDriveおよび、SharePoint Onlineのチームサイトで稼働」し、ファイルエクスプローラーからファイルを開けるという。

 file 2

 オフラインでも使いたいファイルやフォルダについては、右クリックして「Always keep on this device」を選ぶとオフラインでも利用できるようになる。

 file 3

Windows Timeline

 「Windows Timeline」は、ユーザーのすべての端末でのアクティビティを時系列で確認できる機能。Microsoft Graphに対応していれば、サードパーティー製アプリでのアクティビティもTimelineに表示される。

 file 4 Windows Timeline

 ユーザーはWindows設定に追加される「Phone」項目で、iOSおよびAndroid端末をMicrosoft Graphに追加できる。

 file 5 Windows設定の「Phone」

Cloud-powered Clipboard

 「Cloud-powered Clipboard」は、端末/アプリ横断でのコピー&ペースト機能。MicrosoftのOSグループ担当副社長のジョー・ベルフィオーレ氏が基調講演で、PCの「PowerPoint」のスライドからコピーしたレストラン名を、Android端末の「Googleマップ」の検索枠にペーストして見せた。

 files 4 PowerPointでテキストをコピー

 iOS/Androidアプリへのペーストには、Microsoftのキーボードアプリ「Swiftkey」を経由する。

 files 5 AndroidのGoogleマップにペースト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.