ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年05月15日 14時05分 UPDATE

朝日新聞、機械学習ベンチャーと自然言語処理で共同研究

AIへの取り組みを強化する。

[井上輝一,ITmedia]

 朝日新聞は5月15日、機械学習ベンチャー企業のレトリバ(東京都千代田区)と自然言語処理分野で共同研究すると発表した。朝日新聞が保有するニュース記事などの大量の日本語データを、両社のエンジニアがディープラーニングなどの機械学習技術を用いて解析。両社の利益につなげるほか、特許や学術論文の公開を通じて社会貢献も目指す。

朝日新聞レトリバ 朝日新聞とレトリバが自然言語処理で共同研究

 レトリバは、Preferred Networks(PFN)の西川徹社長がCEOを兼任するPreferred Infrastructureからスピンアウトし、検索プラットフォームやそれに付随する自然言語処理、機械学習事業を手掛けているベンチャー企業。朝日新聞は、AI(人工知能)のビジネス活用の知見を持つレトリバと協力し、AIのさらなる活用を進める考え。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.