ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年05月18日 15時27分 UPDATE

ドローンで携帯電話の電波を“中継”、ドコモが成功 災害時に活用

今後は、2017度下期をめどに地上の電源とドローンを接続した実験を行い、連続24時間の運用を目指す。

[ITmedia]

 NTTドコモは5月17日、災害現場などに中継局を搭載したドローンを飛ばし、携帯電話サービスを使えるようにする「ドローン中継局」の実証実験に成功したと発表した。

photo ドローンに小型中継局を搭載

 ドローンに小型中継局を搭載して飛ばし、周辺のドコモの基地局電波を上空で捉えて中継することで、携帯電話の電波が届くエリアを臨時で作り出す仕組み。被災時、地盤の影響などに左右されず、移動基地局を搭載するクルマが立ち入れない場所でも迅速にエリアを復旧できるという。

photo
photo

 実験は5月10〜17日に群馬県長野原町で実施した。2017度下期をめどに地上の電源とドローンを接続した実験を行い、連続24時間の運用を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.