ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年05月26日 09時43分 UPDATE

シャープ、創業の地に自社ビル建設へ 「スマートタウン構想」発表

シャープが「田辺ビル」跡地に自社ビル建設へ。住宅とオフィスが連携した「スマートタウン」の実現を目指すという。

[ITmedia]

 シャープと野村不動産は5月25日、シャープ旧本社「田辺ビル」(大阪市)の跡地を利用し、住宅とオフィスを核とした「シャープ スマートタウン(仮称)構想」の検討を共同で進めることで合意したと発表した。

 シャープは「中核拠点となりうる自社ビル」を建設。野村不動産と協力して「スマートマンション」も建設する。シャープのInternet of Things(IoT)やAI技術を生かし、住宅とオフィスが連携した「スマートタウン」の実現を目指すという。

 シャープは田辺ビルを昨年10月に再取得し、活用方法を検討してきた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.