ITmedia NEWS >
ニュース
2017年05月27日 20時36分 UPDATE

マストドンつまみ食い日記:アニメ自動録画とマストドンを組み合わせる「foltia ANIME LOCKER 5.0 [with Mastodon]」がすごい

foltiaという、知る人ぞ知るアニメ自動録画システムがある。そこにマストドンサーバが組み込まれる。一体どういうことなのか?

[松尾公也,ITmedia]

 5月26日、フォルティアコミュニケーションズから「foltia ANIME LOCKER 5.0 [with Mastodon]」が発表された。

 foltia ANIME LOCKERは、Amazon Drive連携による無制限のストレージ、全自動CMカット、アニメ番組表サイト「しょぼいカレンダー」と連動したアニメ自動予約、EPG番組表による予約、キーワード予約、MP4自動変換、ビデオポッドキャスト、スマートフォンやタブレットからの視聴、ラジオ録音、DLNAサーバ、Windowsファイル共有サーバ、テレビ放送のリアルタイム視聴までサポートする高性能のアニメ自動録画ソリューション。

 foltiaはテレビ番組を録画するためのLinux用オープンソースソフトウェアで、foltia ANIME LOCKERはその機能強化商用版。UGCの「しょぼいカレンダー」を活用するなど、その自由さと高機能でアニメファンに愛用されてきた。

 そのfoltia ANIME LOCKERがマストドンサーバを内蔵し、6月から発売。インストーラのディスクイメージが含まれたVectorプロレジからのダウンロード版が先行販売される。システムを搭載したハードウェア込みのシステムも発売予定。

 これはどういうことなのか。

photo

 以下はプレスリリースからの引用:

「Mastodon」を内部に搭載することにより、個人サーバとしての機能をさらに高め便利にご利用いただけます。

またこれまでログにのみ出力されていた情報が内蔵されたMastodonのビルトインアカウントとして通知されるため、アカウントをフォローするだけで見逃しがなくなります。

foltia ANIME LOCKER はアニメ自動録画予約とNASの機能を持つサーバとしての特性上24時間365日通電され利用されることが多い製品です。最近需要が急増している分散SNSサーバMastodonは構造上、小さなサーバが多く連携することが想定されており、VPSや個人サーバとして多くのサーバが立ち始めています。しかしながらVPSを新たに借りるほどでもなく、個人サーバの台数を増やすのも電気代や場所の観点から気がひけるという個人の方も多いことから、foltia ANIME LOCKERの内部にMastodonサーバの機能を取り込むことでMastodonを利用したい多くの方に便利にご利用いただけると考えました。

Mastodonサーバ機能は、「Mastodon名称として用いるサーバURL(FQDN)」「管理者メールアドレス」

「メールサーバ情報」のたった3つの情報を記入し1クリックするだけでセットアップが完了します。

有名な認証局であるLet’s Encryptのサービスを利用してサーバ証明書も自動的に設定されるため、簡単にセキュアで安全なサーバを立てることが可能です。 あとはルータのポートフォワードの設定で443(https)でのアクセス設定を追加するだけでMastodonをご利用いただけます。

放送開始や録画終了、MP4変換完了やエラーメッセージなどの通知をこれまでログにのみ出力されていた情報が内蔵されたMastodonのビルトインアカウントとしてメッセージ出力されるため必要の機能のアカウントをフォローするだけで必要な通知が過不足なく購読することが可能となります。

 マストドン機能をシステムに組み込んで販売するという試みはおそらく世界初。すごい発想なのは間違いない。

 foltiaについては、ぼくが10年半前に書いた記事がある。

 このときのシステムがこの10年を生き延び、というか発展し強化され、さらにはマストドンまで飲み込むという。マストドンがHDRレコーダーのように家庭に入り込んでいくのだ。

 予想できなかった未来がマストドンにやってくる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.