ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年05月29日 20時23分 UPDATE

人の表情を“アバター”にリアルタイム反映 VR技術「FACE」、コロプラ子会社が開発

現実世界のユーザーの視線や表情を読み取り、VR空間のアバターに瞬時に反映するという技術「FACE」を、コロプラ子会社の360Channelが開発。

[ITmedia]

 コロプラ子会社の360Channelは5月29日、現実世界のユーザーの視線や表情を読み取り、VR(仮想現実)空間のアバターにリアルタイムで反映させるという技術「Face And Communication Entertainment」(FACE)を開発したと発表した。現時点では研究段階だが、同社Webサイトで試験導入する企業を受け付け、「VRにおける実用的なコミュニケーション技術への発展を目指す」(同社)としている。

photo 表情豊かなアバター

 視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ(FOVE製)と、顔の動きを捉えるカメラ「Facial Tracking camera」(Binary VR製)を組み合わせ、ユーザーの眼球の動きや口角の上がり方、眉の動きなどを読み取る。そうした動きのデータを、3DCGのアバターと連動させる技術(Holotech Studios製)を使い、瞬時に反映させるという。

 これらの技術を同期させる通信システムは、360Channelが手掛ける。表情が反映されるアバターを用い、複数人が同時に音声通話できるという。

 同技術を使えば、VR空間で複数人のアバターが写真撮影をしたり、旅行をしたり、アイドルのアバターを使ってライブを配信したり――など、双方向性が高いVRコンテンツが制作できるとしている。将来的には、視線や表情のデータを定量的に評価する仕組みも導入する予定。

photo アバター同士で写真撮影
photo VR旅行も楽しめるという

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.