ITmedia NEWS >
ニュース
2017年06月04日 20時41分 UPDATE

マストドンつまみ食い日記:2016年11月、マストドンを最初に伝えた海外メディア

4月に一斉報道されたマストドンだが、実は昨年11月にいち早くレポートした、米国のメディアがあった。

[松尾公也,ITmedia]

 マストドンについて読んでおくべき4本の英文記事と見ておくべき1本の動画を紹介したばかりだが、もう1本、マストドンに関する英文記事を紹介しておこう。

 「米国のテック系メディアで4月以降、マストドンを最初に報じたのがMashable」と書いたが、実はそのずっと前にマストドン(SNS)を報じた英語メディアがあったのだ。

 2016年11月23日、The Daily Dotという米国のネットメディアで、クリスティーナ・ボニントンさんがこのような記事にしている。ボニントンさんはソーシャルメディアの様々な問題を取り上げて執筆している、サンフランシスコ在住の寄稿ライターだ。

photo おそらくこれが英語でマストドン(SNS)を紹介した最初の記事

 Twitterに似てはいるがオープンソースで脱中央集権的だということはタイトルにも書かれており、的を外してはいない。この時点ではユーザー数はほとんどいないので、どうやって増やしていくか「鶏が先が卵が先かですね」と指摘している。

 「トランプを公然と支援し、メディアをひねりつぶすようなピーター・ティールを取締役に迎えているFacebookとは別のソーシャルネットワークを求めている人は、試してみてはいかがだろうか?」と、この記事は結んでいる。

 しかし、1誌が報道しただけではムーブメントは広がらないものなのだなあ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.