ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年06月14日 16時38分 UPDATE

大阪駅とヨドバシ梅田結ぶ「回遊デッキ」、6月末に完成 アクセスしやすく

JR大阪駅とヨドバシ梅田ビルを結ぶペデストリアンデッキが6月30日に完成。付近には横断歩道がなく、アクセスの悪さが指摘されていた。

[ITmedia]

 ヨドバシカメラは6月14日、JR大阪駅とヨドバシ梅田ビル(大阪市)の間に整備しているペデストリアンデッキの一部を、30日に完成させると発表した。交通機関や周辺商業施設間を歩行者が回遊しやすくする。

photo JR大阪駅カリヨン広場とヨドバシ梅田ビルを結ぶ

 建設中のペデストリアンデッキは、JR大阪駅カリヨン広場とヨドバシ梅田ビルを結ぶ「Aデッキ」と、グランフロント大阪うめきた広場とヨドバシ梅田ビルを結ぶ「B デッキ」。いずれもヨドバシ梅田ビルの2階と接続する。Aデッキは6月30日、Bデッキは今秋をめどに完成予定という。

photo AデッキとBデッキの位置
photo Bデッキはグランフロント大阪うめきた広場とヨドバシ梅田ビルを結ぶ

 JR大阪駅からヨドバシ梅田ビルまでの道のりは、道路に横断歩道がないなど、アクセスの悪さが指摘されていた。大阪市は同エリアを都市再生特別地区に指定し、ヨドバシカメラが「まちづくりの貢献事業」として再開発を進めている。19年秋には、複合型高層ビル「ヨドバシ梅田タワー」の完成も予定している。

photo ヨドバシ梅田タワーは19年秋に完成予定

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.