ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年06月15日 19時09分 UPDATE

東京五輪で「自動走行タクシー」実現へ ZMPと日の丸交通が協業

日の丸交通とZMPが協業。スマートフォン向けの配車アプリを共同開発し、自動走行タクシーを呼べるサービスの提供を目指す。

[ITmedia]

 タクシー会社の日の丸交通とロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)は6月15日、2020年東京五輪での自動走行タクシーの実現に向けて協業を始めると発表した。スマートフォン向け配車アプリを共同開発し、ユーザーが自動走行タクシーを呼べるサービスの提供を目指す。

photo 自動走行タクシーのイメージ

 配車アプリは、まず人間のドライバーが運転するタクシーを対象に開発、提供。その後、2020年までに自動走行タクシーによるサービスを実現し、アプリに対応させる予定だ。日の丸交通以外のタクシー会社にも、同アプリとの連携を呼び掛ける。

 自動走行タクシーは地域を限定して運用する。東京・お台場など、東京五輪の競技会場付近を想定しているという。「ZMPの自動運転技術と、日の丸交通のタクシー事業のノウハウを組み合わせ、利用者の利便性向上と、安全運転、営業支援を目指す」(両社)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.