ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年07月07日 09時10分 UPDATE

Google、VR/ARのオブジェクト作成アプリ「Blocks」をViveとOculus Rift向けに公開

Googleは、HTC Vive/Oculus Riftで使える3Dオブジェクト作成アプリ「Blocks」をリリースした。モデリングの知識がなくても、用意されたブロックやカラーパレットを使ってVR/AR向けのオブジェクトを作れる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月6日(現地時間)、モデリングの知識がなくてもVR/AR環境向けの3Dオブジェクトを製作できるというVRアプリ「Blocks」を「HTC Vive」と「Oculus Rift」向けにリリースしたと発表した。SteamOculus Storeから無料でダウンロードできる。

 blocks 1 SteamのBlocksのページ

 VR HMD付属のコントローラーを使って、ブロックを組み立てるような感じでオブジェクトを組み立てられるとしている。

 blocks 2

 完成したオブジェクトは「OBJ」としてARあるいはVRアプリ内で使える。また、Blocksのページで共有することもできる。

 blocks 3 Blocksの作品例(コルグのMS-20)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.