ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年07月10日 09時50分 UPDATE

中高生向け勉強動画、8000本を完全無料で……新サイト「MANAVIE」の勝算 (1/3)

中学・高校生向けに勉強を教える動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」が登場。3月に閉鎖したサイト「manavee」に似ているが……。

[ITmedia]

 中学・高校生向けに勉強を教える講義動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」(マナビー)が7月10日に正式オープンした。塾講師などがYouTubeに投稿した講義動画のうち、質の高いものを選んで掲載。「大学入試センター試験8〜9割は取れる」範囲をカバーしたという。

画像 MANAVIEトップページ(PC版)
画像 MANAVIEの講義動画ページ。YouTubeの動画が埋め込まれている形だ

 サービスの設計や名称は、閉鎖した同様なサイト「manavee」とそっくりだ。manaveeは、当時東大生だった花房孟胤(はなふさ・たけつぐ)さんが2010年にオープンし、NPOで運営していたサイト。東大生などが講師を務める無料の講義動画を1万本以上公開していたが、2017年3月に終了した。(「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに

 新MANAVIEは、旧manaveeと名前は似せたが、まったく新しいサイトだ。開発したのは、旧manaveeに参加していた人気講師で、医師でもある佐藤智寛さん(Evoressio代表・講師名は「とらますく」)と、学生向け無料コピーサービス「タダコピ」を運営するオーシャナイズだ。

 「manaveeは良いポイントをついていたサービスだが、組織運営がうまくなかった」と佐藤さんは振り返り、manaveeが目指したものを「大人が代わりに実現しようと思った」と話す。

manaveeの“失敗”

 旧manaveeは、当時東大生だった花房さんが、「教育の地域格差、経済格差を解消したい」と2010年に立ち上げた。東大生などに声をかけ、大学の教室などで、大学受験対策の講義動画を撮影してはYouTubeにアップ。1万本以上を無料で公開し、manaveeのサイトからまとめて見られるようにしていた。

画像 旧manavee(2013年当時)

 受験対策講義の無料動画が日本にほとんどなかった当時、「画期的だ」と話題を集め、最も多い時で月間110万ページビュー・約6万人に利用されていたという。

 その後、無料〜低価格で中高生向け講義動画を提供する企業や個人が急増。11年にリクルートが月額980円の授業動画サイト「受験サプリ」(現在のスタディサプリ)をスタートし、家庭教師のトライは15年、無料の映像授業サイト「TRY IT」を始めるなど大企業も参入した。塾講師や学生などの個人が講義動画をYouTubeでアップロードすることも珍しくなくなり、“教育YouTuber”と呼ばれる人も出てきた。


画像 スタディサプリ
画像 TRY IT

 プロ講師をそろえた大企業のサービスと異なり、大学生ボランティアを中心にしたmanaveeの講義は「質にばらつきがある」と批判された上、NPOの組織作りに失敗するなど運営に行き詰まり、17年3月に閉鎖。花房さんはmanaveeの失敗の原因をサイト上で正直につづり、「貴重な告白だ」と話題になった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.