ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年07月12日 09時19分 UPDATE

Adobe、Flash PlayerとAdobe Connectの脆弱性を修正

Flash Playerの脆弱(ぜいじゃく)性では、リモートの攻撃者にコードを実行される恐れがあり、できるだけ早く最新版に更新する必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは7月11日、Flash PlayerとAdobe Connectのセキュリティアップデートを公開し、それぞれ複数の脆弱(ぜいじゃく)性に対処した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Flash Playerのアップデートではメモリ破損など3件の脆弱性を修正した。うち1件については危険度が最も高い「Critical」に分類され、悪用されればリモートでコードを実行されて攻撃者にシステムを制御される恐れがある。

 この問題を修正したFlash Player最新バージョンの「26.0.0.137」はWindows、Mac、Linux、Chrome OSに対応する。Linux以外では優先度が最も高い「1」に指定、72時間をメドにできるだけ早く更新を済ませるよう勧告している。

photo Flash Playerの最新バージョン「26.0.0.137」

 米Googleはこれに合わせて同日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 61.0.3153.0/.2」をWindows向けに、「同61.0.3153.4」をMacとLinux向けに公開。Microsoftも同日配信した月例セキュリティ更新プログラムの中に、Flash Playerの更新を含めている。

 一方、Adobe Connectは更新版の「9.6.2」が公開され、Windows版に存在していたクロスサイトスクリプティング問題など3件の脆弱性に対処した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.