ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年07月21日 11時55分 UPDATE

イーロン・マスク氏、超高速旅客車「Hyperloop」に政府の認可が出たとツイート

Boring Companyのイーロン・マスクCEOが、ニューヨークとワシントンD.C.を29分で移動できる超高速列車構想を「政府が口頭で許可した」とツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米起業家のイーロン・マスク氏が7月20日(現地時間)、「ニューヨークとワシントンD.C.を29分で移動できる地下のHyperloopをThe Boring Companyが建設する許可を政府から口頭でもらった」とツイートした。

 具体的にどのような政府機関からの許可なのかなど、詳細は不明だが、このツイートの後「まだいろいろ手続きが必要だが、私はすぐに着工できると思っている」とツイートした。

 ニューヨークとワシントンD.C.間は米Amtrakの列車では約2時間半掛かるので、約5分の1に短縮できることになる。

 Hyperloopとは、マスク氏が構想する超高速旅客車。これまで主に米新興企業のHyperloop Oneが推進してきた。

 hypeloop Hyperloop Oneの車両プロトタイプ

 マスク氏のニューヨークとワシントンD.C.を結ぶHyperloopにHyperloop Oneが参加するかどうかも不明。ツイートにあるThe Boring Companyというのは、マスク氏が立ち上げたトンネル企業。6月末にロサンゼルスでトンネル掘削を開始した。

 hyperloop 2 ロサンゼルスのトンネル掘削現場

 ニューヨークとワシントンD.C.を結ぶトンネルは、このロサンゼルスのトンネルと並行して掘削するとしている。

 このHyperloopは途中に10程度の“駅”を設け、駅からはエレベーターで地上に上がるようにするという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.