ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
2017年07月21日 12時13分 UPDATE

隅田川花火大会、AIがSNS投稿を監視 警備に活用

「第40回 隅田川花火大会」では、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を監視。会場周辺の事故などの情報をリアルタイムで抽出し、警備に役立てるという。

[ITmedia]

 SNSの投稿内容をAI(人工知能)に監視させ、花火大会の警備に役立てる取り組みを、隅田川花火実行委員会とAIベンチャーのSpectee(スペクティ)が7月21日に発表した。29日開催の「第40回 隅田川花火大会」で実施する予定。

実施イメージ図

 人工知能(AI)を使ってSNS上の投稿情報、画像などを自動収集。ディープラーニングを用いた自然言語解析や画像解析を行い、会場周辺の事故やトラブル、交通情報、気象情報などをリアルタイムで抽出するという。AIが抽出したSNS情報を花火大会の警備に役立てるのは全国初だとしている(同社調べ)。

 Specteeは、報道機関向けに、SNSの投稿情報をリアルタイムで解析するサービスを提供している。同技術をイベント会場の警備にも活用しようと企画した。警備の目が届かない隙間を埋める手段を模索していた隅田川花火実行委員会と目的が合致し、今回の取り組みが実現したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.