ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年07月28日 13時05分 UPDATE

モリサワ、17の新フォント発表 「言葉によって形が変わる」書体など

看板などに使えそうな独特な筆使いのフォント「黒曜」も。

[太田智美,ITmedia]

 モリサワは7月28日、2017年秋にリリースする新書体を発表した。新たに発表したフォントは、98の言語と海外の表記ルールに対応する「Citrine」(シトリン)のほか、縦書きの際文字のつながりによって形が変化する「みちくさ」など17書体。

 「みちくさ」には、連綿体(文字を続けて書く書体)や代替字形(前後関係に依存する書体)が用意されており、OpenType機能によって文脈を考慮した書体を呼び出すという仕組みだ。


モリサワ新フォント 新書体「みちくさ」の連綿体サンプル

 これら17書体は今秋以降、MORISAWA PASSPORT製品、MORISAWA Font Select Pack製品、クラウドフォントサービス「TypeSquare」を通じて利用できる。


看板などに使えそうな独特な筆使いの「黒曜」


モリサワ新フォント

活版印刷による紙面上でのインクのにじみを再現した「秀英にじみ明朝」


モリサワ新フォント

『南斉書』を元に復刻した「金陵」と『長崎地名考』を元に復刻した和字(かな)書体「きざはし」を合わせた「きざはし金陵」


モリサワ新フォント

言葉によって形が変わる「みちくさ」


モリサワ新フォント

98の言語と海外の表記ルールに対応する「Citrine」


モリサワ新フォント

交差部分の墨だまり表現や角丸処理を加えた「A1ゴシック」


モリサワ新フォント

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.