ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年08月01日 06時31分 UPDATE

Microsoft、iOS版キーボードアプリ「Word Flow」が突然終了に

Microsoftの技術インキュベータープロジェクト「Microsoft Garage」が米国で提供してきたiOS向けキーボードアプリ「Word Flow」がApp Storeから消えた。開発チームは実験が完了したからとして同社の「SwiftKey」への乗り換えを勧めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月31日(現地時間)、昨年4月に米Appleの米国のApp Storeで公開したキーボードアプリ「Word Flow」の提供を終了した。

 Word FlowはMicrosoftの技術インキュベータープロジェクト「Microsoft Garage」のアプリで、同プロジェクトのWord Flowのページには「実験が完了しました。フィードバックをありがとう!」と書いてある。

 garage 1

 Word Flowは、Microsoftのオリジナルスマートフォン「Lumia」シリーズにプリインストールされているキーボード。片手入力向けの「Arc Mode」が特徴だ。昨年6月の段階でApp Storeでのレビュー平均は4+と好評だった。8月には検索機能も追加された。

 garage 2 片手入力のArc Modeが好評だった

 Word Flowを開発してきたGarageチームはユーザーに対し、「SwiftKey Keyboard」への乗り換えを勧めている。

 こちらはMicrosoftが昨年2月に買収した米SwiftKeyが開発するiOSおよびAndroid向けのキーボードアプリだ。Microsoft Garageのプロジェクトではないので、突然終了することはなさそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.