ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年08月01日 13時42分 UPDATE

ソニー、米アニメ配給会社を買収 「ドラゴンボールZ」などライセンス保有

ソニーの米子会社Sony Pictures Entertainmentが、アニメ配信会社Funimationを買収。Funimationは、米国で「ドラゴンボールZ」などのライセンス管理・配給を行っている。

[ITmedia]

 ソニーの米子会社Sony Pictures Entertainment(SPE)は8月1日、米国で日本アニメの配給事業を行うFunimation Productions(Funimation)を買収すると発表した。株式の95%を約1億4300万ドル(約157億円)で取得するという。米国でのアニメコンテンツ配信を強化する狙い。

photo Sony Pictures Television Networksより

 Funimationは、米国で「ドラゴンボールZ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」など450以上のアニメ作品のライセンスを管理し、米テレビ局などに配給。モバイル向けの定額アニメ配信サービス「FunimationNOW」の運営、関連商品・DVDの販売なども手掛けている。

 買収は、SPE傘下のSony Pictures Television Networksを通じて行う。同社は、アニメチャンネル「ANIMAX」を日本含む23カ国で提供している。

 双方のノウハウを組み合わせ、「あらゆるスクリーンやプラットフォームを通して世界中のアニメファンにコンテンツを提供できる」(Sony Pictures Television Networks)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.