ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年08月07日 11時00分 UPDATE

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告

AcrobatとReaderの脆弱性を修正するセキュリティアップデートは米国時間の8月8日に公開予定。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは、AcrobatとReaderの脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティアップデートを米国時間の8月8日に公開すると予告した。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。AdobeはAcrobatとReaderのほかに、事前予告の対象としていないFlash Playerなどの脆弱性に対処するセキュリティアップデートを公開する可能性もある。

Adobe Security Bulletin Adobeがセキュリティアップデートを予告

 Adobeが8月4日に公開した告知によると、WindowsとMac向けのAcrobatとReaderに複数の深刻な脆弱性が存在する。影響を受けるのは、連続トラックがAcrobat DCの2017.009.20058までのバージョンとAcrobat Reader DCの2017.009.20044までのバージョン、クラシックトラックはAcrobat DCおよびAcrobat Reader DCの2015.006.30306までのバージョン、デスクトップ向けのAcrobat XI/Reader XIは11.0.20までのバージョン。

 緊急度は同社の3段階評価で最も高い「クリティカル」、優先度はいずれも「2」に指定されている。

Adobe Security Bulletin 対象となるのはWindowsとMac向けのAdobe AcrobatおよびAdobe Reader

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.