ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月14日 18時14分 UPDATE

「道の駅」周辺で無人運転バス 国交省が全国初

栃木市の道の駅「にしかた」を拠点に、運転席がない自動運転バスを運行する実証実験を、国交省が始める。

[ITmedia]

 国土交通省は8月14日、道の駅「にしかた」(栃木県栃木市)を拠点に、運転席がない自動運転バスを運行するサービスの実証実験を9月2〜9日に実施すると発表した。定時になると道の駅から自動運転バスが出発し、周辺の集落を周遊する。高齢者などの移動手段として活用する狙い。同様の取り組みは全国初。

photo 実証実験の概要図。今回の実験では、スマートフォンからの呼び出しはできない

 運転席がなく、人間がハンドルやブレーキの操作をしない「レベル4」(完全自動走行)の実証実験。今回の実験では、一般道路に専用区間を設け、運行時間帯は交通規制を行うという。

 自動運転バスは、ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発中の「Robot Shuttle」(ロボットシャトル)を使う。車両に搭載したカメラやセンサーで現在位置を把握しながら、あらかじめ地図上に設定したルートに従って走行する。近くに人や障害物を検知すると、自動的に減速/停車する仕組みも備える。定員は10人程度(席は6席)。速度は時速10キロ程度。

photo 今回の実験では、DeNAの「Robot Shuttle」を使う

 今後、全国13カ所の道の駅などでも順次実験を予定。検証結果を踏まえ、2020年までに実用化を目指す。宅配便や農産物の集出荷、高齢者や旅行者の移動手段などに活用してもらう考えだ。

photo 全国の道の駅などで実験を予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.