ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月15日 17時53分 UPDATE

ブロックチェーンで貿易事務を効率化 NTTデータなど14社がコンソーシアム

ブロックチェーンで貿易事務を効率化へ、NTTデータなど14社がコンソーシアムを発足。メールやFAXなど書面による手続きが多かった貿易事務の効率化を目指す。

[ITmedia]

 NTTデータは8月15日、企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで効率化を目指す「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を、大手銀行・保険・物流業界などの13社とともに、8月30日に発足すると発表した。

画像

 貿易業務の事務作業のシステム化は進んでいるが、各社によってシステムが異なるため、企業や業態をまたぐ場合は、電子メールやFAXなど書面による手続きが中心で、人手がかかっていた。コンソーシアムでは、ブロックチェーン技術を活用した効率的な貿易情報連携基盤の実現を目指し、検討や実証実験を行う。活動期間は18年3月まで

 NTTデータが事務局を務め、川崎汽船、商船三井、双日、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、豊田通商、日本通運、日本郵船、丸紅、みずほフィナンシャルグループ/みずほ銀行、三井住友海上火災保険、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行が参加する。

 NTTデータはこれまで、貿易関連の事務手続きへのブロックチェーンの適用を目指し、「信用状」(支払い確約書)の取引や保険証券のデータ化について、関係各社と共同で実証実験を行ってきた。その結果、「貿易業務全体へブロックチェーン技術を適用することの有効性と課題を確認できた」ため、コンソーシアムを発足したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.