ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年08月15日 18時44分 公開

Amazon、電子書籍の“最安値”条件を撤廃

電子書籍を配信する米Amazon.com子会社が、日本の出版社に対して、競合他社サイトより安い価格にすることなどを求めていた契約を見直した。

[ITmedia]

 公正取引委員会は8月15日、電子書籍を配信する米Amazon.com子会社が出版社などに対し、価格や品ぞろえでほかの配信事業者より有利になるよう求めていた契約の条件を撤廃したとの報告を受けたと発表した。

photo アマゾンジャパンの物流拠点「アマゾン川崎FC」

 撤廃したのは、契約内の「同等性条件」。同等性条件は、米Amazon Services International(ASII)が出版社や流通業者に対し、競合他社の電子書籍配信プラットフォームと比べて、同等かより安い価格、品ぞろえ、より好条件のビジネスモデル(定額配信、レンタル)などを義務付ける内容。

 公取委は、この条件が(1)出版社が他の取引で価格の引き下げ、サービス向上を制限する、(2)Amazonが競争上の努力をせずに価格・サービスを向上させ、配信事業者間の競争をゆがめる、(3)他の配信事業者が出版社と取引条件を改善しても、サービス向上につながらず、配信事業者のイノベーション意欲や新規参入を阻害する――などと指摘していた。

 これを受け、Amazon側から同条件を撤廃する報告があったという。公取委によれば、Amazonは8月4日までに、同等性条件を適用しないことを取引先の出版社などに通知した。最低5年間は同様の措置を講じるとしている。

 公取委は、これらの措置が「懸念を解消するもの」と判断。今回の措置に伴い、Amazonが同等性条件以外の契約項目を変更する場合は、その変更が出版社などにとって不利益にならないよう、十分に協議するよう申し入れたという。

photo 公正取引委員会の発表より

 同等性条件を巡っては、漫画「ブラックジャックによろしく」の作者・佐藤秀峰さんが、Amazonが同作を一方的に「0円」で配信したとして抗議するなど、波紋を呼んでいた(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.