ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年08月24日 14時32分 公開

Googleでの「臨床的うつ病」検索結果に「PHQ-9」質問カード

米国のモバイル版Google検索で「clinical depression(臨床的うつ病)」を検索すると、うつ病診断のための「PHQ-9」質問票カードが表示され、入力できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月23日(現地時間)、米国のモバイル版Google検索で「clinical depression(臨床的うつ病)」を検索すると、うつ病に関連する情報をまとめた「ナレッジパネル」と、Patient Health Questionnaire(PHQ)のうつ病関連の9つの質問「PHQ-9」へのリンクを表示するようにしたと発表した。

 depression

 米国最大の精神医学研究の非営利団体NAMI(National Alliance on Mental Illness)との協力により、必要とする人々にツールと情報を直接提供するために実現したとしている。

 PHQ-9は、例えば「この2週間、次のような問題にどのくらいひんぱんになやまされていますか?」という質問と「物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない」などの9つの問題がならんでおり、チェックを入力するというもの。

 Googleの検索結果のリンク先にあるPHQ-9の質問票はカード状になっており、その場で答えをタップしていく。

 depression 2

 この取り組みはうつ病の直接の解決のためのツールではないが、適切な診断への第一歩にはなるとしている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.