ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月06日 07時00分 公開

驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体 (1/4)

回転時間は12分間以上、価格は1万7280円(税込)――そんな型破りなハンドスピナーを製造したのは、大手玩具メーカー……ではない。製造業向けの「ベアリング」を手掛ける企業が、ハンドスピナーの開発にアツくなるまでの経緯を聞いた。

[片渕陽平,ITmedia]

 「デザインは悪くないが、回転時間が2分程度では物足りない」――そんな言葉がきっかけで「ハンドスピナー」の開発に“本気”で取り組んでいる企業がある。

photo 12分間以上回転する「サターンスピナー」。日本精工傘下のNSKマイクロプレシジョンが開発した

 ハンドスピナーは、指先で挟んで回転させるシンプルな玩具。国内外を問わず人気が爆発している。一般にハンドスピナーの空転時間は長くても6〜8分程度だが、ある企業が開発した「サターンスピナー」は、いったん回すと12分間以上回転する。「他のモデルに負けないものを本気で作ろう」と研究・開発した一品だ。

 価格は1万7280円(税込)。他社製品と比べると高額だが、ネット上では販売開始から1分程で完売。再販するたびに「すぐに売り切れた」といい、これまでに約200個を売り上げた。

 そんなサターンスピナーの開発元は、日本精工傘下のNSKマイクロプレシジョン(東京都千代田区)。決して大手玩具メーカーではない。機械の回転部分の動きを滑らかにする「ベアリング」(軸受け)を製造している企業だ。

 「開発当初は半信半疑だった。なぜ流行っているのかも分からなかった」――同社の石井俊和社長は振り返る。一見すると、玩具とはあまり縁がなさそうなベアリングメーカーが、ハンドスピナーにアツくなるまでの経緯を聞いた。

「作るからには本気で」

 NSKマイクロプレシジョンの“本業”は、外径20ミリ以下のベアリングの製造だ。ベアリングは、機械の回転部分の摩擦を減らし、スムーズに回るよう促すパーツ。同社は、PCのHDDのほか、ドローンのプロペラ、コピー機や自動改札機など、回転部分を持つさまざまな機械向けにベアリングを供給している。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.