ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月14日 14時51分 公開

肩に乗せるスピーカー、ソニーが発売

ソニーから肩に乗せるスピーカーが登場。コンパクトながら臨場感あるサウンドを楽しめるという。

[ITmedia]

 ソニーは9月14日、肩に乗せるスピーカー“ウェアラブルネックスピーカー”「SRS-WS1」を10月14日に発売すると発表した。テレビと組み合わせて使うワイヤレススピーカーで、首回りに配置することにより小音量でも臨場感あるサウンドを楽しめるとしている。オープン価格で、実売予想価格は2万5000円前後。

画像
画像
画像
画像 スピーカーユニットは専用開発

 付属の小型送信機をテレビと接続して使うワイヤレススピーカー。送信機からスピーカーに、無線で音声を届ける。

 本体左右には専用に開発した小型のフルレンジスピーカーユニット(直径30ミリ)を搭載。スピーカー開口部から放射状に音が広がる構造を採用し、包まれるような感覚を実現するという。デジタル音声処理により、微細な音からライブの歓声まではっきり聞き取れるとしている。

 パッシブラジエーターを搭載。映画やアクションシーンやライブコンサートのベースの音など低音域が振動とともに再生され、映像に入り込んだような臨場感を体感できるとしている。

 サイズは約210(幅)×75(高さ)×205(奥行き)ミリ、重さは約335グラム。身体の形に沿った形状とインナークッションにより、長時間使用しても快適という。周囲の音も聞こえるため、使用中でも家族などと会話できる。

画像 充電は充電台に置くだけ
画像 1つの送信機に2台まで接続でき、夫婦や友人同士で楽しめる

 充電は充電台に置くだけ。約3時間の充電で最大約7時間連続使用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.