ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月21日 14時02分 公開

東京ゲームショウ2017:“カノジョ”と会える「ラブプラスVR」に長蛇の列

「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースで、「ラブプラス EVERY」のVR体験ができる。

[村上万純,ITmedia]

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」(千葉・幕張メッセ、9月21日〜24日)の開幕と同時に、長蛇の列を作ったブースがある。

 開場10分後に待ち時間は100分――KONAMIが今冬配信予定のスマートフォンゲーム「ラブプラス EVERY」(iOS/Android)のVR(仮想現実)体験ブースだ。

ラブプラス KONAMIの「ラブプラス EVERY」ブース
ラブプラス
ラブプラス

 ラブプラスは、同社が09年に発売した恋愛シミュレーションゲーム。3人のヒロインのうち1人と恋人になり、“彼女のいる高校生活”を楽しめるもので、14年に発売した「NEWラブプラス+」以来の新作とあって、ユーザーの注目度も高い。

 開場と同時に訪れたものの、作中に登場する十羽野高校をイメージしたブースには既に長蛇の列が。ブース内は教室をイメージした個室で仕切られており、目当てのヒロインとの2人だけの時間をゆっくり堪能できる。

ラブプラス まるで教室

 まず、姉ヶ崎寧々、高嶺愛花、小早川凛子の3人から“カノジョ”を選択。筆者は高嶺愛花を選び、舞台は放課後の教室へ移る。ネタバレになるので詳細は伏せるが、2人だけの会話を楽しみながらちょっぴりドキッとする体験ができる(かもしれない)。

ラブプラス 個室で楽しめる
ラブプラス 隣の席に……

 KONAMIの近藤利弘さん(プロモーション企画本部 プロモーション企画部 国内商品宣伝課 副課長)は、「今回のVRは東京ゲームショウ用に特別に開発したもの。製品版は主にスマホで楽しむものだが、一部VRコンテンツにも対応する予定」と話す。

 今回、VR体験者にはラブプラスのヒロインたちがプリントされたオリジナルデザインのVRゴーグルがプレゼントされる。

ラブプラス VRゴーグルをプレゼント

 一般公開日となる23〜24日は、さらなる混雑が予想される。全員の“カノジョ”と甘い時間を過ごしたい人は、愛情の深さや忍耐力が試されるかもしれない。

ラブプラス
ラブプラス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.