ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年09月21日 15時49分 公開

基準値以上の放射性物質含む商品、Amazonで無届け販売 原子力規制委、販売停止を指導

Amazon.co.jpで、基準値を超える放射性物質を含む商品が無届けで販売されていたとして、原子力規制委員会は20日、アマゾンジャパンなどに対して、販売停止と回収を指導したと発表した。

[ITmedia]

 Amazon.co.jpで、基準値を超える放射性物質「トリチウム」を含むキーホルダーとコンパスが無届けで販売されていたとして、原子力規制委員会は9月20日、アマゾンジャパンなどに対して、販売停止と回収を指導したと発表した。両製品とも、内部のトリチウムをすべて吸い込んだとしても、人体への影響はほとんどないという。

 再発を防ぐため同庁は、アマゾンに加え、同業の楽天・ヤフーに対して、基準値以上の放射性物質を含む商品の無届け販売を防止するよう通知を出した。

画像 キーホルダー「メックアーミー・トリチウムグローバーTR25」
画像 コンパス「カメンガ・トリチウムコンパス3H」

 Amazonで販売されていたのは、基準値(1ギガベクレル)以上のトリチウムを含むキーホルダー「メックアーミー・トリチウムグローバーTR25」と、コンパス「カメンガ・トリチウムコンパス3H」。

 キーホルダーは15個が購入されていた。6個は回収し、1個は購入者が廃棄していた。残りの8個は回収のための連絡を続けている。Amazonの倉庫に未販売の13個が残っていたが回収した。コンパスは1個が販売されていたが回収しており、在庫はないという。

 アマゾンジャパンは、再発防止に向け、トリチウムを使った類似製品をシステムで自動的に検知し、販売停止する仕組みを導入することにしたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.