ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月25日 15時56分 公開

グリーとJAXA、VR・ARコンテンツ制作で協力 人工衛星データ活用

グリーとJAXAが、VR・AR分野での人工衛星データの活用を開拓するため、コンテンツの共同制作などを目的とした協力についての覚え書きを結んだ。

[ITmedia]

 グリーは9月25日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)分野での人工衛星データの活用を開拓するため、コンテンツの共同制作などを目的とした協力についての覚え書きを結んだと発表した。

画像 「世界一の雨降り体験VR」より
画像

 第1弾として、地球上の降水量を高精度・高頻度に観測する、JAXA・米航空宇宙局(NASA)などの共同ミッション「全球降水観測計画」(GPM)で観測した降水データを、架空の街で体験できる「世界一の雨降り体験VR」を開発した。「筑波宇宙センター特別公開」(9月30日・茨城県つくば市)と「Japan VR Summit 3」(10月11日〜13日、東京ビッグサイト)で展示する。

 また、VR・AR市場の拡大や開発者育成を目的としたハッカソンの開催なども検討する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.