ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月25日 20時59分 公開

たつき監督、「けものフレンズ」続編から降板か Twitterで明らかに

「けものフレンズ」のたつき監督が、続編に関わらないことを明らかにした。

[ITmedia]

 アニメ「けものフレンズ」を手掛けたたつき監督が9月25日、続編の制作に関わらないことを自身のTwitterアカウントで明かした

たつき監督のTwitterアカウント

 たつき監督は、Twitterに「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」と投稿。監督の意向によらず降板が決まったことを示唆している。

世界中のトレンドでも「たつき監督」が1位に

 ツイートは、投稿から約1時間で15万回以上リツイートされている。Twitterトレンドには「たつき監督」「けもフレ2期」「KADOKAWA」などの言葉が入った(25日午後8時55分時点)。たつき監督の「降板」ツイートに対し、ネット上では「監督をのけものにしてどうするのか」「たつき監督がいないけものフレンズなんて……」など困惑する声が上がっている。

アニメ「けものフレンズ」

 けものフレンズは、女の子の姿になった動物たちの冒険を描くコンテンツ。今年1月に放送が始まったテレビアニメ版がヒットし、「わーい!」「たのしー!」などのせりふがネット上で流行。たつき監督は同作を手掛け、放映終了後も12.1話と称する短編アニメを公開したり、第2期の制作を示唆するツイートをしたりしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.