ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月27日 21時20分 公開

アドビ、Typekitに新フォント追加 大日本印刷の「秀英体」など74フォント

Creative Cloudの有償ユーザーは、追加費用なしで利用可能となる。

[太田智美,ITmedia]

 アドビ システムズは9月27日、商用フォント提供サービス「Adobe Typekit」に74のフォントを追加したと発表した。Creative Cloudの有償ユーザーは、追加費用なしで印刷物などに利用できる。


Adobe Typekit フォントワークスが提供するフォント

 新たにフォントを提供するのは、視覚デザイン研究所、字游工房、大日本印刷、フォントワークスの4社。視覚デザイン研究所はロゴタイプ(装飾文字)のような文字組みができる「VDL ロゴG Regular」、字游工房は毛筆の表現を生かした「游明朝体36ポかなR」、大日本印刷は同社のオリジナル書体「秀英体」、フォントワークスは「筑紫書体の丸ゴシック体」などを提供する。

 今回の新フォント追加により、Typekitで利用できる和文フォントは171になった。


Adobe Typekit 大日本印刷が提供するフォント

Adobe Typekit 字游工房が提供するフォント「游明朝体R」

Adobe Typekit 視覚デザイン研究所が提供するフォント

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.