ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月04日 14時03分 公開

Dropbox、ブランドデザインをカラフルに刷新 ロゴも

Dropboxがブランドデザインを刷新した。Webサイトもカラフルになり、ロゴの箱のデザインがよりプレーンになった。今後サービスにもこのデザインを反映させていく計画としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは10月3日(現地時間)、ロゴを含むブランドデザインの刷新を発表した。白と青を基調としていたWebサイトもカラフルに変わった。

 dropbox 1

 サービス画面は本稿執筆現在、カラフルになってはいないが、向う数週間中にこのコンセプトをWebサイトやサービスに反映させていくとしている。同社は「新デザインは、ユーザーの創造力を解き放つことを助けるツールを構築するというわれわれの情熱を反映している」と説明する。競合する米MicrosoftのOne Drive、米GoogleのGoogle Drive、米BoxのBoxはいずれも青と白を基調としている。

 dropbox 2 様々な色の組み合わせで表現したロゴ

 ロゴの箱の形も微妙に変わった。従来よりも記号的、平面的になったことが、旧ロゴと並べてみると分かるだろうか。

 dropbox 3 旧ロゴ(上)と新ロゴ

 Webサイト上で使うフォントも「Sharp Grotesk」という新フォントになった(英語のみ)。

 dropbox 4 「Sharp Grotesk」フォント

 ちなみに2007年の創業当時のロゴは以下のような手描き風のものだった。

 dropbox 5 創業当時のロゴ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.