ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月11日 07時19分 公開

Twitter、タイムライン上部にリアルタイムイベントまとめ「Happening Now」(まず米国で)

Twitterのタイムラインにユーザーが関心を持ちそうなリアルタイムイベントの情報をまとめて表示する「Happening Now」が、まずは米国でスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは10月10日(現地時間)、新機能「Happening Now」をiOS/Androidアプリに追加したと発表した。まずは米国で、ユーザーの好みに合わせたプロスポーツイベントのリアルタイムまとめでスタートした。

 Twitterのアルゴリズムがユーザーが興味があると判断したイベントがあると、そのユーザーのタイムラインのトップに「Happening Now」というラベルがついたイベントカードがカルーセル状に表示される(下図左)。いずれかのカード(今のところNFLやMLBなどのプロスポーツの試合に関するもの)をタップすると、そのカードにまとめてあるリアルタイムの試合のスコアと関連ツイートが表示される(下図右)。

 happening Happening Now
 happening 3

 Twitterのサポートページ(英語のみ)によると、各イベントカードの右上にある下向き「>」をタップすると表示されるメニューで、そのカードを表示しないように設定できる。

 Twitterの発表ツイートに対し、「この機能をオフにできるのか?」という質問が多数寄せられている。Twitterに問い合わせたところ、各カードを非表示にすることは可能だが、今の段階では機能自体を非表示にする方法はないとのことだった。

 happening 2 サポートページの説明

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.