ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年10月13日 12時19分 公開

Twitterが凍結した「児童の性的搾取」アカウント、4割が日本のもの

Twitterが日本での「児童の性的搾取」への取り組みを発表した。2017年上半期に世界で凍結した、児童の性的搾取関連アカウントのうち、38%が日本のアカウントとみられるという。

[ITmedia]
画像 Twitterのポリシーより

 Twitter Japanは10月13日、日本での「児童の性的搾取」への取り組みを発表した。2017年上半期に世界で凍結した、児童の性的搾取関連アカウントのうち、38%が日本のアカウントとみられるという。

 Twitterは、児童の性的搾取(援助交際含む)を助長する画像へのリンクやコンテンツを規制。発見した場合は予告なく削除し、アカウントを永久凍結。凍結したアカウントの情報はNCMEC(全米行方不明/被搾取児童センター)に報告している。

 2017年上半期に行った、児童の性的搾取に関するアカウントの凍結のうち、38%が日本のユーザーによるものとみられ、うちの98%は、第三者の通報ではなくTwitterが発見したケースだったという。この期間中、対象アカウントがTwitterの上でアクティブに活動していた時間は半減したとしている。

画像 Twitterのニュースリリースより

 永久凍結されたユーザーは、新たに別のアカウントを持つこともできない。同社によると、児童の性的搾取に関する投稿でアカウント凍結されたユーザーが、新たに立ち上げたアカウントの50%以上は、初めてのツイートが行われる前に凍結したという。

 どういった投稿が「児童の性的搾取」に当たるのかの基準について、同社は「抜け道を防ぐため、具体的には明らかにできない」という。未成年とみられるキャラクターの性的なイラストを投稿しているアカウントは対象になるか尋ねたところ、「通常、自分のイラストを共有しているケースは、不適切なコンテンツに当たる可能性はあっても、性的搾取には当たらない」との回答だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.