ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月18日 08時40分 公開

「Windows 10」の「Fall Creators Update」を適用するには

Microsoftが米国時間の10月17日、「Windows 10」のアップデート「Fall Creators Update」を“ローリングアウト”した。ダウンロードと準備には少し時間がかかるが、自動的にアップデートが始まることはない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月17日(現地時間)、予定通り「Windows 10」のアップデート「Fall Creators Update」(ビルド1709)を“ローリングアウト”したと発表した。

 自動更新設定にしているユーザーは何もしなくても遅くとも数日中に更新プログラムがダウンロードされる(個人ユーザーの場合)。新しい端末ほど早く提供される。自分の端末に来ているかどうか確認するには、[スタート]→[設定]→[更新とセキュリティ]の「更新プログラムのチェック」をクリックする。更新プログラムが来ているとダウンロードが始まってしまうので、CPUを消耗する作業中は避けた方がよさそうだ。

 fall 1

 更新プログラムが来ていれば、ダウンロードとインストールの準備が始まる。インストール準備の間、他の作業もできるが、準備にはCPUパワーと時間がかかる。筆者の場合、本稿執筆現在「更新プログラムのチェック」をクリックしてから約30分経つが、まだインストールの準備中だ。

 fall 2 インストールの準備中

 準備が終わると、アップデートするタイミングを聞いてくる。自動的にアップデートが始まってしまうことはない。

 ローリングアウトするのを待ちきれないユーザーは、手動でアップデートすることも可能だが、Microsoftは「上級ユーザーにのみお勧め」としている。

 手動アップデートには、専用ページで「今すぐアップデート」ボタンをクリックする。

 fall 3

【追記】筆者の環境ではインストール準備完了まで約1時間かかった。完了すると、通知センターに以下のような通知が来る。ここで実際のインストールをするタイミングを設定できる。

 fall 4

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.